海女小屋 相差かまど

About us

一般社団法人 相差海女文化運営協議会(DMO候補法人)

活動内容

一般社団法人 相差海女文化運営協議会(相差DMO)は、鳥羽商工会議所の運営支援を受け、町内会・観光協会・漁協等地元の各組織と連携を図りながら、年間約20万人が継続して訪れるようになった神明神社石神さんを中心に『日本一現役の海女が多いまちとして「海女文化」を保全・継承し、町民の誇りとまちの価値を高めていく』活動を推進していきます。

「願いが叶うご利益めぐり」と称した海の信仰を知り体験する散策コースの整備を平成9年から国の施策(国土交通省(観光庁)観光ルネサンス事業・観光圏整備事業、農林水産省農山漁村活性化プロジェクト交付金等)を活用し、ハード、ソフト面とも継続的に行なっています。

地元の海女が信仰する神明神社「石神さん」を中心に整備し、現役の海女とふれあうことができる「海女小屋相差かまど」、海女について知る「海女文化資料館」、海女に関するグッズ等を販売する「古民家海女の家五左屋」等の整備・運営を行ない、海女文化を紹介し、にぎわいを起こし周遊する拠点づくりを面的に実施しています。

それぞれの施設の運営は海女をはじめ従業員はすべて女性。

沿革

平成21年1月30日  設立
平成29年5月12日  日本版DMO候補法人登録
平成29年6月1日   一般社団法人登録

受賞等

2015年9月 農林水産省「ディスカバー農山漁村むらの宝」選定  10月 同 特別賞「ウィメン賞」受賞

授賞式での安倍総理と当会野村会長、海女頭中村さん (写真:農林水産省提供)
このページのトップへ